一括返済もしやすいモビット

カードローンやキャッシングを利用中に、臨時収入やボーナスなどが入った際に一括返済してしまおうと思うこともありますね。モビットでは一括返済も簡単ですから、余裕がある際には利息軽減のためにもぜひ行うことをおすすめします。
モビット 審査では提携ATMを利用した一括返済、銀行振込による一括返済などが利用できます。ATMを利用した場合は、硬貨を利用できないと端数が発生してしまうことになります。この場合は少なく返して無利息残高を置いておくという方法で良いでしょう。無利息残高とは1,000円未満の端数でそのままにしておいても利息がついて増えるということもないものです。特に解約の予定がない場合などは、気にする必要もありません。また銀行振込による返済は、振り込み手数料が発生します。
一括返済をする際に、利息や利用手数料などを含めていくら返済すればよいのか把握できていない時は、モビットの会員サイトMyモビから一括返済シミュレーションをするとよいでしょう。自分で計算した場合には間違いなどがあると、再度返済することになったり預かり金が発生したりして面倒です。
一括返済の前にコールセンターに連絡を入れることで、総返済額を知ることもできます。もしも予定の返済日と変わってしまう場合には、利息は利用日数ごとの計算となるため総返済額も変わることがありますので注意しておきましょう。1日でも早く返すと、それだけ利息が軽減されます。一括返済だけでなく随時返済も積極的に取り入れていくとよいでしょう。

無利息キャッシングを利用する

キャッシングのサービスに「無利息期間」のサービスを取り入れているところが増えていますが、この「無利息期間」はうまく利用すればお得なキャッシングが続けられます。
「無利息期間」のサービスは決められた期間内でお金を借りると、その間の金利が不要になるというサービスで、期間内に返済すれば無利息でお金が借りられるサービスで、このサービスの目的は、新規顧客の獲得のためにおこなわれているので、主に初回利用時のみといったところが多く、無利息期間は1週間から長いところで60日間の無利息期間があります。
「無利息期間」のおとくな利用の仕方として、新生銀行グループの「ノーローン」があり、ノーローンの無利息期間は完済が終わった翌月から改めて7日間の無利息期間が何度でも利用できるというサービスで、給料日前にお金が足らなくなったとき、給料日前の1週間以内にお金を借りると利息はつかず元金返済だけで済み、10日前に借りたとしても3日間だけの金利だけを払えばよいので短期でお金を借りるという人にはおすすめです。
「無利息期間」はこのように短期で借りる場合はおすすめですが、返済を1年で考えた場合、無利息期間が1カ月あったとして、残りの11カ月は金利が必要になるので無利息期間はほとんどないに等しいと言えるので、長期で借入返済でお金を借りる予定の場合は、お金借りれる金利の安いキャッシング会社をえらぶほうが金利を含めた総返済額を抑えることができるので、「無利息期間」はおまけという程度に考えたほうがよいと思います。

意外な盲点、バンクイックの会員サービスは使えない

会員サービスとしてバンクイックには会員ページが用意されています。
ところがこれは残念ながら非常に使えない機能です。
会員ページとなればどんなものをイメージするでしょうか。
現在の取引状況を確認することはもちろんのこと、これまでの取引状況の履歴、元金の割合、振込キャッシングの依頼など思い浮かぶことは多くあります。
ところがバンクイックの会員ページはこれらの機能はありません。
三菱東京UFJ銀行のATMを利用した時に発行される利用明細書と何ら変わりのない項目しか用意されていません。
・利用可能金額
・利用残高
・次回返済額
・次回返済期日
これだけが会員ページで確認することができる情報です。
パソコンからもモバイルからも利用することができる会員ページ名だけにもっと充実していれば使い勝手があがることでしょう。
それでは氏名や住所、勤務先を変更したい場合、さらにはキャッシングカードの暗証番号を変更したいときにはどのようにしたらいいのかといえばそれは第二リテールアカウント支店。
これは実際に店舗が用意されているものではなく支店ダイヤルとなります。
フリーダイヤルになりますので通常会員サービスで行うことができるようなサービスの一切を引き受けています。
会員サービスでは確認できなかった情報や項目は第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに電話をして確認することになります。
自動音声応答となりますがオペーレーターとの対話も可能です。

プロミスの気になる金利

SMBCコンシューマーファイナンス・プロミス金利は、親会社・三井住友銀行のカードローン同様、低い金利で借入をする事が可能です。ただし、同じプロミスの商品でも、借入を行うカードローン商品によって金利の違いが存在します。
最も多く利用される「フリーキャッシング」の利息は、最大500万円までの融資を実質年率4.5%から17.8%の金利で借り入れる事が出来ます。遅延をした場合の利息は20.0%です。
次に、プロミスの自営者向けローンは「自営者カードローン」と呼ばれており、最大300万円までの融資を実質年率6.3%から17.8%で借入可能です。フリーキャッシングよりも、下限が高めに設定されていますが、他のカードローン商品よりも借りやすく、返しやすい商品として人気です。
教育ローンやマイカー購入の資金、レジャー、冠婚葬祭など、先に予定が立っている方は「目的別ローン」と呼ばれる商品がおすすめです。ここでは最大300万円、実質年率6.3%から16.5%で借入可能です。学生の方であれば引っ越し費用やマイカー購入、卒業旅行の費用として利用すると良いでしょう。
他社でも人気の「おまとめローン」はプロミスにも存在しています。プロミスのローン商品は「貸金業法に基づくおまとめローン」という名称で貸付けが行われており、最大300万円を実質年率6.3%から17.8%の金利で借り入れる事が可能です。
このように、目的やライフスタイルに合わせて、プロミスのカードローン商品を選ぶようにして下さい。

おまとめローンの月々の返済額は安い!

アコム おまとめローンのメリットというと、金利が低くなって利息負担が少なくなるということ、複数ある借金を一本にまとめるだけのことなどと思っている方も多いかもしれませんが、実は月々の返済額をぐっと抑えられるというメリットがあるのです。
一般的に、カードローンの返済方式は残高スライドリボルビング方式で、そのときの借入残高に応じて最低返済額が決まっているというものです。それに対し、おまとめローンは元金同額返済方式となっています。借入れの期間に応じて、均等に元金を返済していく方式です。そして、返済期間は最長10年とたいへん長い設定になっています。
ただ返済方式が違う、という話ではありません。もし同じ金額を借入したとしても、返済期間が10年と長いおまとめローンの方が毎月の返済額は大幅に少なくなるのです。もちろん、金利が低くなることでも支払うこととなる利息総額が減りますから、カードローンであっても低金利なローンを利用できればその分月々の返済額も減ることとなるでしょう。しかし、返済期間を長くとることで月々の返済額は確実に減らすことができるのです。毎月の返済負担が重い、支払うのが難しくなってきた、という方におまとめローンがおすすめなのは、こういうわけなのです。
しかしもちろん、デメリットもあります。月々の返済額が下がったからといって、借金が減ったわけでも返済総額が減ったわけでもありません。むしろ、返済総額はぐんと増えます。利息というのは、返済期間が長引けば長引くほど大きくふくれあがるものです。返済期間が長い、つまり返済回数が多いから、月々で割ってみると少なく感じるだけで、利息は逆に増えているのです。返済期間を長く設定すれば、月々の負担は確実に楽にはなりますが、支払うこととなる総額では逆に今までよりも多く支払うこととなり、損となるのです。
しかし、最終的には支払う利息が増える結果となったとしても、遅れることなく返済を続けていくには月々の負担額を少しでも少なくしていくことは重要です。残業代が多かったり、ボーナス月だったり、余裕があるときには積極的に繰上返済をしていけば利息総額は減らすこともできますから、まずは自分が支払い続けられる返済額に抑えることが必要でしょう。

キャッシングでも審査って必要なの?

「キャッシング」といえば、消費者金融。と連想される位、当たり前にキャッシングといわれる言葉が使われています。キャッシングをするのはとても簡単そうに聞こえますが、実はそうではないのです。
キャッシングをするためには、審査が必要です。消費者金融や銀行、クレジットカードでも同様ですが、お金を借りる際には必ず「審査」が必要になります。
審査基準の中で、他社の借り入れの有無は、重要な即日キャッシング審査ポイントのひとつとなります。従って、初めて消費者金融の利用を行うという方の場合は、必然的に有利な状況にあるということにもなります。
ただし借り入れのためには当然安定した収入が必要になりますので、定職に就いている20歳〜69歳の方という条件が設定されています。この場合の定職とは、必ずしも正社員である必要はなく、アルバイトや派遣社員の方でも安定して収入を得ることができていれば、借り入れが可能ですので「正社員じゃないから…」と諦める必要はありません。
「消費者金融」という言葉にはあまり良いイメージはなく、敬遠されがちですが、きちんとした情報確認と返済計画があれば、便利な機関であるとも言えます。しかし、お金を借りるのだという意識は常に持っているべきです。そして借りたお金は必ず返しましょう。キャッシングをする際には、その返済方法についてもきちんと確認しておかなければ、後で大変なことになります。せっかくの便利なサービスですから、是非有意義にご活用ください。

お金を借りることの意味を考えよう

通常の生活においては、どうしても必要なお金の工面がつかないことが起こります。
急にまとまったお金が必要になった場合に、考えるのが、お金を借りる、すなわち借金をするということです。
お金を借りる方法としては、様々なものが考えられます。
その中から、どのような方法を選択するのかは、今後の人生にも大きな影響を及ぼすことになるのです。
まずは、お金が必要な理由をあらためて考えてみましょう。
そのお金は、今の自分、将来の自分にとって、どうしても必要なものなのでしょうか。
借金で悩みを抱える多くの方は、必要以上にお金を借りてしまう方が、大半を占めています。
お金を借りることによって、自分の現状を好転させる、自分の将来を左右することができるのであれば、十分にその借りたお金が生きてきます。
銀行からお金を借りる方法で、一番大切なことは、返済がきちんとできるか、ということです。
自分の収入と支出を再度確認し、十分に計画を立てなければ、返済できないことにつながってきます。
返済できなければ、今後の人生に不安要素のみが残ります。
返済をする為に、新たな借入を繰り返す、「借金地獄」に陥るかもしれません。
お金を借りることの意味は、自分自身で決めていくものです。
返済についてきちんと計画を持ち、有効的に借りたお金を利用することは、自分自身の問題です。
どこで借りるのか?どのように借りるのか?借りたお金をどのように使うのか?どのように返済していくのか?
お金を借りる時には、十分に考えを巡らせた上で、最適な方法を選び出すようにしましょう。

消費者金融でキャッシングするメリット

消費者金融でキャッシングするメリットとしては、審査スピードの速さと審査への通りやすさが挙げられます。銀行に比べて金利は高いですが、無利息期間というサービスを提供しているところもあり、大きなデメリットにはならないでしょう。また50万円以下の借り入れの場合は収入証明書などの提出が必要でない場合もあります。
審査スピードは以前に比べ格段に速くなり最短30分で審査が終了します。また申し込むタイミングによっては即日融資をしてくれるので、お金が必要になっても当日に借りることができます。土日や祝日でも自動契約機が稼働していれば申し込みができるので、実質365日いつでも申し込めるというのも大きなメリットです。
金利は最高18%と高めの設定ですが、無利息期間というサービスを利用すれば一定期間は利息を発生させずにキャッシングを利用することができます。無利息期間中に元金を全額返済できれば、利息を一切払わずに済むので非常に便利です。ただし長期利用になるとあまり効果がないので、短期利用者向けかもしれません。消費者金融によってはポイントを利用して、無利息期間を再度利用することができるサービスを提供しているところもあります。
審査の際に必要となる収入証明書を提出しなくても良いケースがあります。これも消費者金融によりますが、50万円以下の借り入れまたは他社との借り入れ総額が100万円以下の場合は収入証明書が要りません。ただし、場合によっては提出を求められることもあるので注意が必要です。>>カードローン ランキング

消費者金融の借り方について

消費者金融の商品には、使用用途が自由なカードローン審査通らないフリーローン以外にも、使用用途が決められた目的別ローンや、利用対象者を限定したローンなどがあります。
フリーローンのメリットは、使用用途が限定されていないので、自分の好きなことに利用できる点です。「明日遠出する予定だけれど、手持ちのお金が足りないかも。」など、急な出費が必要になったときは、大変便利な商品です。
また、目的別ローンに比べて、審査が通りやすい傾向があります。
目的別ローンや利用対象者を限定したローンのメリットは、フリーローンに比べて金利が低めに設定されていることが多い点です。利用可能額も、それぞれの目的に合った金額に設定されています。よって、どの商品を選べばよいのか迷ったときに、選びやすくて便利です。
目的別ローンは、フリーローンより厳しめの審査になっています。これは、使用用途以外の目的で借入することを防止する意味合いもあります。
また、目的別ローンの申込には、本人確認書類や収入証明書以外に、提出が必要な書類があります。具体的には、使用用途を確認するための領収書、請求書、見積書などです。すぐには手に入らないものもあるので、事前の準備を忘れないでください。
より借入しやすく、また少しでも利子を抑えるためには、自分の状況や目的に合った商品を選ぶことが大切です。
消費者金融にはどうのような商品があるのかを事前によく知って、確実に借入審査に通るようにしましょう。

消費者金融は自宅に訪問してきますか?

昨今の消費者金融は、借り方も返済の仕方もとても簡単になり、誰もが気軽にお金を借りられるようになりました。しかし、お金は借りたら返さなくてはなりません。もし、返済が遅れたり、滞納したりするのであれば、消費者金融側も対策をとることになります。最初のうちは電話や手紙などで督促請求をしてくるでしょう。
それでも、返済せず、ある程度日数の過ぎた延滞者に対しては、「自宅に訪問する」という措置を取る事になります。
この「自宅に訪問」する際は、基本的にはアポイントなどは取らずに訪問してくるようです。いつ、何時に来るかもわかりませんので、家族に借金をしていることをナイショにしている人は困る話だと思いますが、借りやすい消費者金融側にとったら仕方のないことです。彼らの目的はあくまで借金の回収です。払ってくれれば、それでいいのです。
消費者金融側としては、家族などに借金を知らせたりすることをする必要はありませんが、あなた自身が家にいる時間に訪問してくるでしょう。
こうした行為は絶対にされたくない!と思うのであれば、回避する方法は実に簡単です。返済日を守って、延滞や滞納をしなければいいのです自宅に訪問することは始めから行うことはありません。少しの延滞であれば、電話や手紙で済む話です。それを逃げたり、隠れたりしようとするから、直接訪問して回収しようとされてしまうのです。
もし、返済日に間に合わないとわかったら、必ず連絡をし、約束は必ず守りましょう。